基本方針 (目標=成功)

 統合設立以降はや2年目、メンバーの融合もぼちぼちでき、さぬき青年会議所として立派に立ち上がりました。
 これも初代、二代理事長を始め皆様の努力の賜物だと感謝しております。
 さて、これからは実行の年、理論はかなりの部分で尽くされました。自分のため、人のため、地域のため、家庭のため、仕事のため、幸福のため(順番は個人の自由)、できるだけのことをメンバー一丸となって「生きて」見ようではありませんか。何かを変えたければ、まずは自分から…今、やるっきゃない!


総務広報室(総務・広報・MCを担当)
 総務・例会委員会

   青年会議所の総務業務、渉外業務を担当する。
   (担当事業として総会の運営及び会員名簿の作成)


 広報・MC委員会

   青年会議所内外への情報提供を担当する。
   (担当事業として情報誌の発行、高度情報化へ進行)

総務広報室室長
宮武 譲

(株)ミヤタケ塗装 専務取締役


会員研修開発室(会員の資質向上を担当)
 会員研修委員会

   青年会議所会員の能力、資質向上を担当する。
   (セミナーを勉強していただき、より良い研修事業に着手)


 会員開発委員会

   新入会員の勧誘、発掘を担当する。
   (新入会員を中心にJCを勉強する)

会員研修開発室室長
近兼 弘幸

(株)琴平グランドホテル 専務取締役


地域開発室(広域的発展、開発を担当)
 青少年開発委員会

   広域的な事業展開の中で、青少年事業を担当する。


 広域開発委員会

   広域的活動を主体に事業を担当する。
   (広域合併の実現に前進する)

地域開発室室長
土井 正司

(有)山陽自動車 取締役


社会交流室(経営哲学又福祉又世界を担当)
 経営開発委員会

   経営に役立つ情報、勉強、セミナーを担当する。
   (先見の明を養い、将来、会員の資質向上を目指す)


 人間交流委員会

   福祉面で対応し、また国際的にも交流を担当する。
   (実際、優しさ創造と国際交流を引っ付けてしまっている)

社会交流室室長
田中 誠

(株)タナカフロアメンテナンス
代表取締役


特別事業室(特別事業の方向づけを担当)
 特別事業委員会

   祭り関係、イベントを中心とした、継続事業を担当する。

特別事業室室長
平井 正人

(有)丸亀モータース 常務取締役


出向者支援会議(出向者支援を担当)
 出向者支援会議

   日本JC、地区、ブロック出向者支援を担当する。

出向者支援会議議長
川内 達也

(株)高倉組 専務取締役